シソクサ  紫蘇草
[中国名] 紫苏草 zi su cao
[英名] swampleaf
[学名] Limnophila aromatica (Lam.) Merrill
Limnophila chinensis (Osbeck) Merr. subsp. aromatica (Lam.) T. Yamaz.
オオバコ科 Plantaginaceae  シソクサ属
三河の植物観察
シソクサ花
シソクサ花
シソクサ果実
シソクサ萼を取った果実
シソクサ果実の中の種子
シソクサ茎
シソクサ
シソクサ種子
シソクサの葉
シソクサ葉裏の腺点
 和名の由来は葉をもむとシソの香りがすることから。科はシソ科ではなく、ゴマノハグサ科からオオバコ科へ移動された。
 全体には無毛。茎は円柱形、直立する。葉は対生又は3個輪生し、長さ1~3㎝の長楕円形、縁に鋸歯があり、葉裏に緑色の腺点がある。花は長さ約1㎝の筒状の唇形花。花冠は白色、筒状の花筒が長く、先が唇形。上唇はやや大きく、浅い切れ込みがあり、下唇は3裂する。萼は5中裂し、腺点があり、萼の基部に小さな線形の小苞が2個ある。雄しべは4個つき、うち、上側の2個は短い。柱頭は2個、扁平。果実は長さ約6㎜の卵形、熟すと褐色になる。種子は多数、長さ約0.3㎜、褐色。2n=68
[花期] 9~10月
[草丈] 10~30㎝
[生活型] 1年草
[生育場所] 湿地、水田
[分布] 在来種  本州(関東地方以西)、四国、九州、朝鮮、中国、インド、ブータン、インドネシア、ラオス、フィリピン、ベトナム、オーストラリア
[撮影] 幡豆町 05.9.23
TOP Back