キクモ  菊藻
[別名] アンブリア
[中国名] 石龙尾 shi long wei
[英名] Asian marshweed
[学名] Limnophila sessiliflora (Vahl) Blume
オオバコ科 Plantaginaceae  シソクサ属
三河の植物観察
キクモの花
キクモの花
キクモの葉
キクモの根
キクモ
キクモ2
キクモ葉
 科はゴマノハグサ科からオオバコ科へ移動された。
 池沼では、走出枝が底泥中を這い、茎が水中に伸び、上部は水面に向かって立ち上がる。茎には密に開出毛がある。水田で見られるものは、小形で直立していることが多い。葉は5~8個が輪生し、長さ1~2㎝、幅3~7㎜、菊の葉のように深裂する。水中葉は細かく糸状に裂ける。花は水面から出た葉腋に単生し、紅紫色の唇形。上唇は2浅裂。下唇は3浅裂。無柄。沈水状態では閉鎖花となる。
 類似のコキクモは無毛。
[花期] 8~10月
[草丈] 10~30㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 水田、沼、池
[分布] 在来種 本州、四国、九州、沖縄、朝鮮、中国、台湾、インド、ブータン、ネパール、スリランカ、インドネシア、マレーシア、ミャンマー、ベトナム
[撮影] 新城市  05.9.10
TOP Back