シロバナヤマホタルブクロ  白花山蛍袋
[学名] Campanula punctata Lam. var. hondoensis (Kitam.) Ohwi form. albiflora T.Shimizu
キキョウ科 Campanulaceae  ホタルブクロ属
三河の植物観察
  
シロバナヤマホタルブクロの萼
シロバナヤマホタルブクロの白花
シロバナヤマホタルブクロの花冠の中
シロバナヤマホタルブクロ葉基部
シロバナヤマホタルブクロ
シロバナヤマホタルブクロ葉表
シロバナヤマホタルブクロ葉裏
 ヤマホタルブクロの白花品種。
 ヤマホタルブクロはホタルブクロの日本固有の変種。 
 ホタルブクロは萼裂片が長く、裂片の間の湾入部分に、反転した付属体がつき、萼裂片や付属体の縁に毛が目立つ。
[花期] 6~7月
[草丈] 40~80㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山野、丘陵
[分布] 在来種 本州(関東、中部、近畿)
日本固有種
[撮影] 設楽町 12.6.1
TOP Back