シロバナツリガネニンジン  白花釣鐘人参
[学名] Adenophora triphylla (Thunb.) A.DC. var. japonica (Regel) H.Hara form. albiflora (Tatew.) H.Hara
Adenophora triphylla (Thub.) A.DC. var. japonica (Regel) H.Hara form. leucantha H.Hara
キキョウ科 Campanulaceae  ツリガネニンジン属
三河の植物観察
シロバナツリガネニンジン花横
シロバナツリガネニンジン花
シロバナツリガネニンジン花
シロバナツリガネニンジン萼
シロバナツリガネニンジン葉
シロバナツリガネニンジン
シロバナツリガネニンジン花
ツリガネニンジンの白花品種。
 葉や茎の緑色が母種よりやや薄い。花冠は白色、先が5裂し、裂片の内側が緑色を帯びる。
[花期] 8~10月
[草丈] 40~100㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山野に普通
[分布] 在来種 北海道、本州、四国、九州、千島、サハリン
[撮影] 蒲郡市柏原町 05.5.28
TOP Back