シロバナツクシコスミレ  白花筑紫小菫
[学名] Viola japonica Langsd. ex Ging, form. albida F. Maek.
スミレ科 Violaceae  スミレ属
三河の植物観察
シロバナツクシコスミレの花
シロバナツクシコスミレの距
シロバナツクシコスミレの葉
シロバナツクシコスミレ
 コスミレの白花品種。和名は九州北部で最初に発見されたことから、ツクシの名がつけられている。
 葉は長さ2~6㎝の長三角形~長卵形、表面が粉白を帯び、鋸歯がスミレより明瞭。葉先は尖らず、基部は浅い心形。花弁は幅が狭く、長さ1~1.5㎝、白色、紫色のすじが見える。距は長さ約7㎜の円筒形。
[花期] 3~4月
[草丈] 5~10㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 人家近くの山野
[分布] 在来種   北海道、本州、四国、九州、朝鮮、中国
[撮影] 鳳来町 04.3.21
TOP Back