シロバナマンテマ  
[英名] small-flower catchfly ,small-flowered catchfly ,windmill pink ,common catchfly
[学名] Silene gallica L. var. gallica
ナデシコ科 Caryophyllaceae  マンテマ属
三河の植物観察
シロバナマンテマの花
シロバナマンテマのピンクの花
シロバナマンテマの葉
シロバナマンテマの果実
シロバナマンテマの完熟果実
シロバナマンテマの茎
シロバナマンテマ
シロバナマンテマ葉表
シロバナマンテマ葉裏
シロバナマンテマ種子
 マンテマはこの変種にあたる。和名はシロバナマンテマだが、ピンク色もよく見られる。
 全体に長毛と腺毛が混生する。葉は上部に行くほど小さくなる。下部の葉は長さ1~3.5㎝、幅3~5㎜の倒披針形、上部の葉は長さ0.8~2.5㎝、幅2~4㎜の楕円形、葉先は円頭~凸頭。花は白、ピンク、ラベンダー色で、花弁の先にV字形の切れ込みが入ることもある。萼は長さ6~10㎜で、10本の脈があり、裂片は長さ2~2.5㎜、長毛と短い腺毛が混生する。花弁の基部に付属小鱗片が2個ある。雄しべ10個と雌しべ1個は花から突き出ない。蒴果は先が少しだけ6裂する。種子は厚みがあり、長さ約1㎜。
 類似のホザキマンテマ(フタマタマンテマ Silene dichotoma Ehrh.)は全体に大きく、上側の葉も披針形で、葉先が鋭尖頭。花は白~赤色、花弁の先が深く切れ込む。雄しべは花弁より長く、3本の花柱が花から長く突き出る。
 イタリーマンテマ Silene gallica var. giraldii は花弁が紅色で濃色の脈があり、全体に無毛。
[花期] 5~6月
[草丈] 10~40㎝
[生活型] 1年草
[生育場所] 海岸、河川敷、市街地
[分布] 帰化種 ヨーロッパ原産
[撮影] 渥美町  05.5.8
TOP Back