シロバナコシオガマ  白花小塩竈
[学名] Phtheirospermum japonicum (Thunb.) kanitz. form. albiflorum (Honda) H.Hara
ハマウツボ科 Orobanchaceae  コシオガマ属
三河の植物観察
シロバナコシオガマの蕾
シロバナコシオガマの花
シロバナコシオガマ葉
シロバナコシオガマ
 コシオガマの白花品種。コシオガマの隣に生えていたもの。
 全体に腺毛が密生し、さわるとベタつく。葉は対生し、長さ3~5㎝、三角状卵形で羽状に裂ける。花は長さ約2㎝の白色の唇形花。
 コシオガマは花が淡紅紫色。
[花期] 9~10月
[草丈] 20~70㎝
[生活型] 1年草 半寄生
[生育場所] 日当たりのよい草地
[分布] 在来種 北海道、本州、四国、九州、朝鮮、中国、ロシア
[撮影] 三ヶ根山   01.10.13
TOP Back