コシオガマ  小塩竈
[中国名] 松蒿 song hao
[学名] Phtheirospermum japonicum (Thunb.) kanitz.
ハマウツボ科 Orobanchaceae  コシオガマ属
三河の植物観察
コシオガマの花
コシオガマ花横
コシオガマの雌しべと雄しべ
コシオガマの萼
コシオガマの果実
コシオガマ茎
コシオガマ
コシオガマ種子
コシオガマ葉表
コシオガマ葉裏
 科はゴマノハグサ科からハマウツボ科に移動された。
 茎は直立~斜状し、よく分枝する。全体に腺毛が密生し、さわるとベタつく。葉は対生し、長さ1.5~5.5㎝、幅0.8~3.3㎝、狭い三角状卵形、羽状に分裂し、裂片は長さ4~10㎜、幅2~5㎜の狭卵形~卵状円形、縁は重鋸歯。葉柄は長さ5~12㎜、狭い翼がある。小花柄は長さ2~7㎜。萼は長さ4~10㎜、5裂し、裂片は長さ2~6㎜、幅1~3㎜、縁に鋸歯があり葉状。花は淡紅紫色の唇形花、長さ0.8~2.5㎝。上唇は先端が浅く2裂し、三角状卵形。下唇は横に広がって浅く3裂し、中央にある白色っぽい2列の膨らみに長毛があり、内部に濃色の斑点がある。雄しべは4個。葯は白色。花糸は下部に毛がある。蒴果は長さ6~12㎜、歪んだ卵形。種子は扁平な惰円形、長さ約1.2㎜、表面に深い網目がある。2n=16
 白花品はシロバナコシオガマという。
[花期] 9~10月
[草丈] 20~60(100)㎝
[生活型] 1年草 半寄生
[生育場所] 日当たりのよい草地
[分布] 在来種 北海道、本州、四国、九州、朝鮮、中国、ロシア
[撮影] 豊橋市   14.10.16(花)
        14.11.06(果実)
TOP Back