シラビソ  白檜曽
[別名] シラベ
[英名] Veitch's silver fir , Christmastree , Veitch fir
[学名] Abies veitchii Lindl.
マツ科 Pinaceae  モミ属
三河の植物観察
シラビソ葉
シラビソ葉裏
シラビソ枝の短毛
シラビソ幹
シラビソ
シラビソ2
 和名はシラビソより球果(毬果)が大きいことに由来する。
 シラビソはモミ属であり、本州、四国の亜高山帯に分布する。よく似たシラビソと分布地帯は似ており、シラビソとも混生する。シラビソは大量の積雪に弱く、オオシラビソ(アオモリトドマツ)は積雪に強く、日本海側の多雪地帯に多い。縞枯現象(wave-regeneration)はシラビソ、オオシラビソの優占林に限って見られ、北八ヶ岳の縞枯山(2403m)の南側斜面が有名である。ほぼ等高線に沿って白色の帯状に枯れ、縞枯帯は数10年(17年程度)のサイクルで山頂方向にゆっくりと移動していく。オオシラビソとシラビソは上部の枝の葉は特徴があり、見分けやすいが下部の枝の葉では見分けにくい。シラビソは球果(毬果)がオオシラビソより小さく、種鱗や種子がはるかに小さく、若い枝に褐色~灰褐色の短毛がある。
 シラビソ(シラベ) は日本固有種。栽培種もある。高さ25~30m、まれに35mに達するものもみられる。樹形は狭い円錐形、枝は水平に出る。樹皮は灰白色、平滑、横ヤニ袋(resin blisters)がある。1年生枝には褐色~灰褐色の短毛がある。葉は枝に立ち上がって、螺旋状にやや疎につき、枝がよく見える。葉柄はごく短く、直線的、付け根が吸盤状。葉身は扁平線形、長さ2~2.5㎝、幅約2㎜、先は円形、微凹頭、オオシラビソよりやや長い。葉表は光沢があり濃緑色、葉裏は2本の幅広い白色の気孔帯がある。雌雄同株。花粉錐(雄花序)は前年枝の葉腋に多数つき、黄色、有柄、下垂する。球花(雌花序)は前年枝の枝先の葉腋に上向きに直立し、円柱状、紫色、尖った苞鱗の先が見える。球果は成熟すると濃青紫色(古くなると黒褐色)、長さ4~6㎝、幅2~2.5㎝、円柱形、苞鱗の先はほとんど露出しない。種鱗は幅1~1.3㎝の扇形、外面は無毛。苞鱗は種鱗とほぼ同長、狭い扇形、先が尖り、花時に球花から突き出る。種子は暗褐色、翼を含めず長さ約6㎜、翼は種子より短く、横に幅広い。花期は6月。果期9~10月。
 1 アオシラベ Abies veitchii Lindl. f. olivacea (Shiras.) Kusaka=Abies veitchii Lindl. var. olivacea Shiras. 球果が緑色。日光、富士山、八ヶ岳に自生する。 
 2 コマガタケシラベAbies veitchii Lindl. var. komagatakensis Hayashi 苞鱗が種鱗より長く超出し、外曲するもの。山梨県の駒ケ岳に自生する。
 3 シコクシラベAbies veitchii Lindl. var. reflexa Koidz.=Abies veitchii Lindl. var. shikokiana (Nakai) Kusaka 球果が小さく丸みがあり、葉も少し短く、先が太くなる。四国の石槌山、剣山に自生する。
 4 アオシコクシラベAbies veitchii Lindl. var. reflexa Koidz. f. viridis Kusaka シコクシラベの球果の緑色のもの
[花期] 6月
[樹高] 25~30m
[生活型] 常緑針葉樹高木
[生育場所] 亜高山体の山地
[分布] 在来種(日本固有種)  本州(福島県~和歌山県)、四国
[撮影] 北八ヶ岳  16.9.30
TOP Back