シナノキンバイ  信濃金梅
[学名] Trollius riederianus Fisch. et Mey. var. japonicus (Miq.) Ohwi
キンポウゲ科 Ranunculaceae   キンバイソウ属
シナノキンバイの蕾
シナノキンバイ花
シナノキンバイ雌しべと雄しべ
シナノキンバイ花弁
シナノキンバイ
シナノキンバイの葉
 葉は3出複葉、小葉はさらに深裂し、鋸歯縁。下部の葉は長さ3~13㎝。花は直径約3㎝。花弁のように見えるのは萼片、5~7個つき、黄色、縁や裏面に緑色を帯びた部分があることも多い。花弁は長さ6~9㎜、雄しべより小さく橙色。雄しべ多数。花柱は宿存性、果時に長さ2.5~4㎜。集合果は袋果が多数集まり、ほぼ球形。
 よく似たミヤマキンポウゲは全体に小さく、葉の裂片の幅が狭く、花弁が大きく、萼片が小さい。
 キンバイソウは花弁が雄しべより長く、突き出る。
[花期] 7~8月
[草丈] 15~80㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 高山帯の湿った草地
[分布] 在来種(日本固有種)  北海道、本州(中部地方以北)       
[撮影] 千畳敷  06.8.8
TOP Back