シコクママコナ  四国飯子菜
[中国名] 圆苞山罗花 yuan bao shan luo hua
[学名] Melampyrum laxum Miquel var. laxum
ハマウツボ科 Orobanchaceae  ママコナ属
三河の植物観察
シコクママコナの花
シコクママコナの苞
シコクママコナの果実
シコクママコナの裂開した果実
シコクママコナの果実と種子
シコクママコナ
シコクママコナ葉
シコクママコナ種子
 科はゴマノハグサ科からハマウツボ科に移動された。
 葉は葉柄があり、長さ2.5~6㎝、幅0.6~2㎝の狭卵~長楕円状披針形。花冠内部に2本の黄色の隆起があり、苞の縁に刺毛状の歯牙が散生する。蒴果は長さ約7㎜の先が長く尖った卵形、緑色、種子が1~2個入り、熟すと上側から裂開する。種子は長さ約4㎜の惰円形、淡褐色。
 ミヤマママコナ var. nikkoense は北海道、本州に分布し、 シコクママコナに似るが、苞の歯牙が全く無い。
 ママコナ Melampyrum roseum var. japonicum は花冠内部の隆起は白色で、苞の歯牙も長く、多数つく。
[果期] 8~9月
[草丈] 20~50cm
[生活型] 1年草
[生育場所] 深山の林縁、草地
[分布] 在来種  本州(東海地方以西)、四国、九州、中国
[撮影] 面ノ木 05.8.15
TOP Back