ママコナ  飯子菜
[別名] ヤマキセワタ
[学名] Melampyrum roseum Max. var. japonicum Franch. et Savat.
Melampyrum roseum Maxim. subsp. japonicum (Franch. et Sav.) Nakai
ハマウツボ科 Orobanchaceae  ママコナ属
三河の植物観察
ママコナ苞
ママコナ苞
ママコナ花
ママコナ花
ママコナ
ママコナの葉
 和名は花冠の白色の隆起あるいは若い種子が飯粒に似ていることに由来する。半寄生植物。科はゴマノハグサ科からハマウツボ科に移動された。
 茎は直立し、毛があり、分枝する。葉は対生し、長さ2~8㎝、幅1~3㎝の長卵形、先が尖り、全縁、花序に近い葉の基部に歯牙状の鋸歯があることもある。葉の両面に短毛がある。葉柄は長さ3~15㎜。茎頂の長さ3~10㎝の花序に花を片側に向けて2個ずつつける。苞は葉状、長く尖った歯牙があるのが特徴である。花の下にあって刺のある葉のように見えるのが苞である。花は長さ約1.5㎝、紅紫色、花筒部は長く、花冠の下唇に2個白色の隆起がある。蒴果は種子が1~2個入り、熟すと上側が裂開する。種子は長さ2.5~3.5㎜、惰円形、淡褐色。
 ツシマママコナ var. roseum 本州(中国地方)、九州、朝鮮、中国、ロシアに分布し、中国名は山罗花 shan luo hua。花序が長く、苞の歯牙が少ない。
 マルバママコナvar. ovalifolium 壱岐、対馬、朝鮮、中国に分布し、中国名は卵叶山罗花 luan ye shan luo hua。 花軸や萼に毛が少ない。
 シコクママコナは苞の歯牙が刺毛状で、まばらにつき、花冠内部に黄色の斑点がある。
 ミヤマママコナの苞には歯牙がない。
[花期] 8~10月
[草丈] 20~50㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 深山の林縁、草地
[分布] 在来種  北海道、本州、四国、九州、朝鮮
[撮影] 豊田市  07.10.7
TOP Back