シカクイ  四角藺
[中国名] 羽毛荸荠 yu mao bi qi
[学名] Eleocharis wichurae Boeck.
カヤツリグサ科 Cyperaceae  ハリイ属
三河の植物観察
シカクイ小穂
シカクイの茎断面
シカクイの茎
シカクイ
シカクイ果実と鱗片
 和名の由来は茎の断面が四角形であることから。
 茎は密に叢生し、茎の四角の1角は稜の出っ張りが少ない。小穂は茎頂に1個だけつき、小穂は長さ1~2.5㎝の長楕円形。鱗片の中肋は緑色、縁は淡褐色、鈍頭。果実は緑褐色、長さ1.5~2㎜。柱頭は3岐。柱基が大きく、果実と同程度の長さがある。刺針状花被片は長さが果実と柱基を合わせたのとほぼ同じで、下向きの小刺毛が密生する。
 類似のマシカクイは茎の4稜すべてが出っ張り、柱基が扁三角形。
 ミツカドシカクイは茎が3稜形。
 イヌシカクイは茎が円柱形で、稜がはっきりせず、果実の刺針状花被片の小刺毛が短い。
[花期] 7~10月
[草丈] 30~50㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 低地の日当たりのよい湿地
[分布] 在来種  日本全土、朝鮮、中国、シベリア
[撮影] 豊田市矢並町  03.10.10
TOP Back