シボリカタバミ   絞り酢漿草
[別名] ベルシコロル、オキザリス・バーシカラー
[中国名]

双色冰淇淋酢 shuang se bing qi lin cu

[英名] striped-flowered wood sorrel , candy cane sorrel
[学名] Oxalis versicolor L.
カタバミ科 Oxalidaceae  カタバミ属
三河の植物観察
シボリカタバミ花
シボリカタバミ蕾
シボリカタバミ葉
シボリカタバミ
 カタバミ属の栽培種、観賞用に栽培されている。
 多年草、耐寒性、地下に鱗茎をもつ。球茎は薄皮が黒色、光沢がある。茎は直立し、高さ5~15㎝、無毛又はやや有毛、ピンク色。葉は、ほとんど葉柄の先に束生する。葉柄は長さ0.2~5㎝、有毛。托葉は葉柄に沿着し、目立たない。小葉は無柄、ほぼ等形、長さ7~14㎜、幅1.5~4㎜、狭い線形~線状長楕円形、先で最も幅が広く、葉の上面は無毛、下面は有毛、先は 凹形、溝の両側に橙色の突起(calli)がある。花は単生、花序柄は長さ2~4㎝、有毛。苞は長さ1.5~2.5㎜、狭い線形。突起(calli)が目立つ。萼片は長さ3.5~5㎜、長楕円状楕円形、有毛、突起(calli)が2個、橙色。花弁は長さ (1.3~)1.6~1.9㎝、倒卵形 、やや斜形、白色で目立つローズ色の縁をもち(回旋状の蕾では縞のように見える)、外側に腺毛がある。雄しべは高さが2系あり、長いものは花柱よりかなり長い。花糸は微細な小軟毛があり、下半分は広がる。花柱は雄しべ2輪の中間で、長さ2~2.5㎜、微軟毛がある。蒴果は見られない。[From: Webb et al. (1988) Flora of New Zealand. Volume 4.]
[花期] 12~3月
[草丈] 5~15㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 栽培種
[分布] 外来種 南アフリカ原産
[撮影] 西尾市  16.12.19
TOP Back