シバ  芝
[別名] ノシバ
[中国名] 结缕草 jie lü cao
[英名] Japanese lawn grass
[学名] Zoysia japonica Steud.
イネ科 Poaceae  シバ属
三河の植物観察
シバの花序
シバ花序拡大
シバ葉基部の毛
シバ
シバ葉
シバ葉鞘
シバ小穂
 茎は堅く、匍匐茎は地表を長く這い、節から直立茎を出し、群生する。直立茎は4~5個の葉をつける。葉は長さ2~10㎝、幅2.5~4㎜、基部に長毛がある。葉舌は長さ約1㎜、切形。総状花序に短い枝の小穂をつけ、花軸には節がない。小穂は長さ約3㎜の傾いた卵形、1小花をもち、第1苞頴がなく、硬くて光沢のある第2苞頴に全体が覆われている。短い芒があることもある。頴果は長さ約1.2㎜の卵形、茶褐色、光沢が無い。2n=40
 オニシバ Zoysia macrostachya は大型で、海岸の砂浜に生える。
 コオニシバ Zoysia sinica は九州、沖縄の海岸の砂浜に生え、葉がV字形に折りたたまれて針状になる。
 ナガミノオニシバ Zoysia sinica var. nipponica は海岸の砂浜や塩湿地に生え、小穂が長さ5~7㎜と長い。
 コウライシバ Zoysia pacifica は葉がU字形に折りたたまれ、針状になる。
[花期] 6~7月
[草丈] 10~20㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 海浜、草原、道端などの向陽地
[分布] 在来種 日本全土、朝鮮、中国、台湾
[撮影] 設楽町  12.6.14
TOP Back