セトガヤ  瀬戸茅、背戸茅
[中国名] 日本看麦娘 ri ben kan mai niang
[英名] Japanese foxtail
[学名] Alopecurus japonicus Steud.
イネ科 Poaceae スズメノテッポウ属
三河の植物観察
セトガヤの穂
セトガヤの小穂
セトガヤの葉舌
セトガヤの小穂拡大
セトガヤ
セトガヤ小花
セトガヤの果実
 全体に無毛、平滑。茎は直立し、叢生する。葉は長さ4~15㎝、幅4~6㎜の線形、先端が指頭状。葉舌は卵形。最上部の葉鞘は花序を包む。花序は長さ3~6㎝、幅5~8㎜の円柱状、スズメノテッポウと形がよく似ている。小穂は淡黄緑色、長さ5~6㎜の扁平な狭卵形。第1、第2苞頴は同形、3脈があり、中央脈に毛がある。護頴の芒(のぎ)は背面の中央のやや基部寄りから出て、長さ7~10㎜あり、小穂の外へ5~7㎜ほどつき出して、目立つ。葯(やく)は長さ約1㎜、白色。果実は長さ約2㎜の左右が狭い扁平。
 外来のオオスズメノテッポウは大型で、短い根茎があり、葉舌が切形、花序が8~9㎝と長く、小穂が長さ4~5㎜の長楕円形、護頴に5脈がある。また、葯が長さ2㎜以上あり、黄色~紫褐色。
 スズメノテッポウは葯が黄~黄褐色。小穂が小さく、芒はわずかに小穂の外へ出る程度である。
[花期] 4~5月
[草丈] 25~60㎝
[生活型] 2年草
[生育場所] 水田
[分布] 在来種 本州、四国、九州、朝鮮、中国
[撮影] 幡豆町  07.5.2
TOP Back