セントウソウ  仙洞草
[別名] オウレンダマシ
[学名] Chamaele decumbens (Murray) Makino
セリ科 Apiaceae (Unbelliferae)  セントウソウ属
三河の植物観察
セントウソウの花序
セントウソウの花
セントウソウの花横
セントウソウの未熟な果実
セントウソウの葉
セントウソウ
セントウソウの熟して落ちた果実
セントウソウ葉裏
 別名はセリバオウレンに葉が似ていることによる。田原市内の蔵王山付近では4月頃、普通に見られる。果実は5月中に熟して落ちてしまう。
 葉は根生し、長い葉柄があり、1~3回3出羽状複葉。小葉や裂片の隙間は変化が大きい。葉柄の基部は左右に広がり、鞘となる。細長い花茎の先に複散形花序を出し、直径約3㎜の小さな白色の花を多数つける。総苞、小総苞や萼はない。5個の花弁の先は少し曲がる程度。雄しべは5個、長く、花弁から突き出る。葯は白色。花柱2個も長い。果実は長さ3~4㎜の惰円形、隆条はごく低く、花柱が残り、緑色、熟すと黒くなり、果柄を残して落ちる。
[花期] 3~5月
[果期] 5月
[草丈] 10~25㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 林内、林縁
[分布] 在来種(日本固有種) 北海道、本州、四国、九州
[撮影] 蔵王山  05.4.10
TOP Back