センダイスゲ  仙台菅
[中国名] 仙台薹草 xian tai tai cao
[学名] Carex lenta D.Don var. sendaika (Franch.)T.Koyama
Carex sendaica Franch.
カヤツリグサ科 Cyperaceae  スゲ属
三河の植物観察
センダイスゲの花序
センダイスゲの小穂
センダイスゲの葉
センダイスゲ
センダイスゲ穂
センダイスゲ果胞と痩果
 ナキリスゲの細長い匍匐根茎がある変種で、全体にナキリスゲより小型。
 細長い匍匐根茎を伸ばし、ゆるく叢生する。匐枝を出すこともある。茎は葉より短いことも多い。小穂は雌雄性、幅3.5~4㎜。小穂は5個前後、茎の頂部に集まってつく傾向があるが、あまり集まらず、ナキリスゲと似ることも多い。果胞は長さ3~3.5㎜、脈が多く、有毛。鱗片は果胞より著しく短い。柱頭は2分岐。痩果はレンズ状。 
[果期] 9~11月
[草丈] 30~40㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 草地、林内
[分布] 在来種  本州(宮城県以南)、四国、九州、朝鮮、中国
[撮影] 蒲郡市清田町  11.12.9
TOP Back