センダイハギ  先代萩
[英名] Siberian lupin
[中国名] 野决明 ye jue ming
[学名] Thermopsis lupinoides (L.) Link
Thermopsis fabacea (Pallas) Candolle
マメ科 Fabaceae  センダイハギ属
三河の植物観察
センダイハギの花序
センダイハギの花
センダイハギの小葉
センダイハギ
センダイハギ葉
 寒冷地域の海岸に群生する。野村半島や礼文島など北海道には群生地が多い。三河地方でも園芸植物として植えられ、目にすることができる。学名をThermopsis fabaceaとする見解が最近の出された。
 根茎は太く、茎は直立して分枝する。葉は互生し、3出複葉。小葉は長さ3.5~8㎝の卵形~倒卵形。葉表には白毛があり、葉裏は無毛。葉柄の基部に小葉と似た長さ2~5㎝、幅1.5~3㎜の托葉がある。茎頂の長さ5~18(25)㎝の総状花序に蝶形花が多数つく。花茎には毛が密生する。苞葉は長さ8~15㎜の披針形。花柄は長さ5~10㎜。萼は長さ約10㎜、圧毛が密生する。花は黄色、長さ2~2.5㎝。雄しべは10個。果実は長さ3~9(12)㎝、幅 0.5~0.8㎜。種子は暗褐色、長さ3~4㎜の腎形。2n=18
 クロタラリア・スペクタビリスなどタヌキマメ属は花が黄色でよく似ている。托葉が小さい。花の側弁が小さく、萼片が大きい。
[花期] 5~8月
[草丈] 40~80㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 海岸の砂浜、草地
[分布] 在来種  北海道、本州(本州、中部地方以北)、朝鮮、中国、シベリア
[撮影] 豊田市 05.5.1
TOP Back