ササガヤ  笹茅
[中国名] 日本莠竹 ri ben you zhu
[学名] Microstegium japonicum (Miq.) Koidz.
イネ科 Poaceae  アシボソ属
三河の植物観察
ササガヤの小穂
ササガヤ小花
ササガヤの葉鞘
ササガヤの果実
ササガヤ
ササガヤの葉表
ササガヤの葉裏
ササガヤの小穂
 和名の由来は葉が笹の葉に似ていることから。半日影を好む。茎は細く、茎の下部は分枝して地面をはい、各節から根を出し、上部は斜上する。葉は互生し、無柄で、若い葉は地表に対して水平につく。葉は長さ2~7㎝の広披針形、先が尖り、基部は円形。葉の質は薄く、両面とも無毛で、表面がササのように波打つ。茎の先に細長い長さ4~6㎝の花序枝を2~6個つける。長梗と短梗の小穂が対になる。小穂は長さ約3㎜の広披針形、2小花をもち、小穂の基部に毛がある。苞頴は厚く、第1苞頴は第2苞頴の縁をやや抱き、先端が2裂する。第1小花は不完全。第2小花の護頴には長さ10~15㎜の芒がある。果実は長さ2.1~2.3㎜の長楕円形、淡褐色。2n=20
 アシボソは全体に大きく、花序枝は1~3個と少なく、直立する。小穂の基毛はなく、全体に毛が多い。長梗に毛がある。
[花期] 8~10月
[草丈] 20~70㎝
[生活型] 1年草
[生育場所] 林内、林縁
[分布] 在来種  北海道、本州、四国、九州、朝鮮、中国
[撮影] 三ヶ根山  09.10.3
TOP Back