サラシナショウマ  晒菜升麻
[別名] イッポンショウマ
[中国名] 单穗升麻 dan sui sheng ma
[学名] Cimicifuga simplex Wormsk.
キンポウゲ科 Ranunculaceae  サラシナショウマ属
三河の植物観察
サラシナショウマの花序
サラシナショウマの花
サラシナショウマの両性花
サラシナショウマの未熟な果実
サラシナショウマの茎
サラシナショウマ
サラシナショウマ蕾と花
サラシナショウマ葉
 根茎はがっしりとし、黒色を帯びる。茎は単一、直立し、無毛ときに頂端に白色の細毛が密生する。基部に近い茎葉は2~3出複葉、長さ30㎝以下の長柄がある。葉身は卵状三角形、長さ30㎝以下、頂小葉は披針形~菱形、長さ3~8.5㎝、幅1.5~5.5㎝、普通、3裂し、縁は不揃いの鋸歯縁。側小葉は普通、無柄、狭い斜めの卵形、頂小葉より小さい。葉裏は脈上にわずかに毛があり、葉表は無毛。上部の茎葉は小さく、1~2出複葉。花序は総状、長さ35㎝以下、分枝せず又はときに基部で数個、分枝する。雄花と両性花が混生する。花序軸や小花柄は白色~灰色の軟毛が密生し、苞は先細、小花柄より短い。小花柄は長さ (3)5~10(15)㎜。萼片は広惰円形、長さ約4㎜。花弁は惰円形~広惰円形、先が膜質、浅く2裂する。花糸は白色、狭い線形、長さ5~8㎜、無毛。葯は楕円形、長さ約1㎜。花弁や萼片は早落性、花が咲くと、すぐに落ちてしまい、その後に雄しべも伸び、多数の長い雄しべがブラシ状のように見える。雄しべの数は変化が多い。心皮は2~8個、密に灰色~白色の毛があり、有柄。袋果は長さ7~9(13)㎜、幅4~5㎜、圧毛があるか又は無毛、柄は果時に長くなる。種子は4~8個入り、楕円形、長さ約3.5㎜、周囲に鱗片状の翼がある。2n=16
 オオバショウマは葉の基部が心形で、花柄がほとんど無い。キケンショウマは小葉が楯状につく。イヌショウマは小葉が掌状で、花茎がよく分岐し、花柄がほとんど無い。
[花期] 8~11月
[草丈] 40~150㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山地の林内
[分布] 在来種  北海道、本州、四国、九州、朝鮮、中国、台湾、モンゴル、ロシア
[撮影] 設楽町   15.11.10
TOP Back