イヌショウマ  犬升麻
[中国名] 小升麻 xiao sheng ma
[英名] Japanese Bugbane
[学名] Cimicifuga japonica (Thunb.) Sprengel
キンポウゲ科 Ranunculaceae  サラシナショウマ属
三河の植物観察
イヌショウマの花
イヌショウマ葉
イヌショウマ葉
イヌショウマ
イヌショウマ葉
 茎葉はなく、根生葉は1~2回3出複葉、葉裏の脈に縮れた短毛が開出する。葉柄は長く、長いものは30㎝を超える。小葉は長さ5~20㎝、幅4~18㎝、掌状に切れ込み、縁には不ぞろいの鋭い鋸歯がある。小葉柄は長さ4~12㎝。蕾は丸く、淡紅色を帯び、花は直径約4㎜、白色~ピンク、無柄、長い穂状花序に多数つく。雄しべは多数つき、白色、長くて目立つ。袋果は長さ約1㎝、幅約3㎜。種子は長さ約2.5㎜、淡褐色。2n=16
 サラシナショウマは花に柄があり、葉裏の脈に屈毛がある。
[花期] 8~9月
[草丈] 50~80(110)㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山地、丘陵、湿った場所
[分布] 在来種  北海道、本州(関東~近畿地方)、朝鮮、中国
[撮影] 設楽町 01.9.24
TOP Back