オオウシノケグサ  大牛の毛草
[中国名] 紫羊茅 zi yang mao
[英名] red fescue
[学名] Festuca rubra L.
イネ科 Poaceae  ウシノケグサ属
三河の植物観察
オオウシノケグサ花序
オオウシノケグサ葉耳
オオウシノケグサ果実
オオウシノケグサ基部の鞘
オオウシノケグサ根
オオウシノケグサ
オオウシノケグサの小穂
オオウシノケグサの小花
オオウシノケグサの葉先
オオウシノケグサの葉
 本州中部地方以北に在来種がもともとあり、砂防緑化に使用された帰化種が全国的に広がっている。
 根茎はほとんどなく、茎は直立して叢生し、無毛。葉は幅が狭く、普通、内巻きになって1㎜以下の糸状、平らになっても3㎜以下である。葉は茎に比べ短く、5~30(10~20)㎝である。葉舌は膜質、短い切形。葉耳はあまり発達しない。茎頂に長さ5~20㎝の円錐花序を伸ばし、まばらな枝に小穂をつける。花序の下に刺針や短毛はなく、あってもかすかである。小穂は長さ9~10(5~15)㎜、小花が3~10個つく。第1苞頴は長さ2.5~3.5(3~5)㎜、第2苞頴は長さ3.5~4.5(4~6)㎜。護頴は長さ4~6㎜、長さ1~3.5㎜の芒がある。葯は長さ2~3.5㎜。果実は長さ約3㎜。新芽が葉鞘を突き破って出る。2n=14,21,28,42,49,53,56,64,70
 ウシノケグサは新芽が葉鞘を突き破って出ることがなく、花序の下に刺針や短毛があり、、護頴の長さが5㎜以下。
 道端に多いヒロハウシノケグサオニウシノケグサは葉が平らで、幅が3㎜以上あり、三日月形の葉耳がある。
[花期] 5~9月
[草丈] 30~80㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] (在来種)海岸近くの丘陵地
(帰化種)道端、荒地、草地
[分布] 在来種 北海道、本州(中部地方以北)
帰化種 北メリカ原産などworldwide
[撮影] 豊川市  11.6.8
TOP Back