オオカサスゲ  大笠菅
[中国名] 大穗薹草 da sui tai cao
[学名] Carex rhynchophysa C. A. Meyer.
カヤツリグサ科 Cyperaceae  スゲ属
三河の植物観察
オオカサスゲの雄穂
オオカサスゲの雌穂
オオカサスゲ
 匍枝を伸ばし、群生する。葉は幅8~15㎜。上部に3~7個の雄性の小穂、下部には2~5個の雌性の小穂を離れてつける。雄小穂が3~7個、頂部に固まってつくのが特徴。果胞は長さ6.5~7㎜、脈があり、先は急に細く嘴状になり、口部は2歯。雌鱗片は長さ約4.2㎜、褐色、果胞と同長かやや短く、先が尖る。果胞は熟すと膨らんで開出する。痩果は長さ約2㎜。柱頭は3岐。
 低地のカサスゲは雄小穂が1個だけつく。
[花期] 6~8月
[草丈] 60~100㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 亜高山帯~高山帯の高層湿原
[分布] 在来種  北海道、本州(中部地方以北)、朝鮮、中国、モンゴル、ロシア
[撮影] 栂池自然園  07.7.27
TOP Back