オオヒョウタンボク   大瓢箪木
[学名] Lonicera tschonoskii Maxim.
スイカズラ科 Caprifoliaceae  スイカズラ属
オオヒョウタンボクの花
オオヒョウタンボクの葉
オオヒョウタンボク
 葉は長さ5~13㎝の長楕円形。花は白く、長さ4~5㎝の花柄の先に2個が対につく。花柄の基部はハナイカダと同じように葉の中脈と合着する。花冠の長さは約1.5㎝の2唇形、上唇は浅く4裂する。果実は直径約8㎜の球形の2個が接してつき、ヒョウタンのように見え、9月に赤く熟す。
[花期] 7~8月
[樹高] 1~2m
[生活型] 落葉低木
[生育場所] 亜高山~高山
[分布] 在来種(日本固有種)  本州(関東北部~中部地方)
[撮影] 千畳敷  06.8.8
TOP Back