ヌスビトハギ  盗人萩
[中国名] 尖叶长柄山蚂蝗 jian ye chang bing shan ma huang
[学名] Desmodium podocarpum DC. subsp. oxyphyllum (DC.) H.Ohashi var. japonicum (Miq.) Maxim.
Desmodium oxyphyllum DC.
Hylodesmum podocarpum subsp. oxyphyllum (Candolle) H. Ohashi et R. R. Mill
マメ科 Fabaceae  ヌスビトハギ属
三河の植物観察
ヌスビトハギの花
ヌスビトハギの花
ヌスビトハギの花
ヌスビトハギの花
ヌスビトハギの花
ヌスビトハギの苞
ヌスビトハギの果実
ヌスビトハギの小節果と種子
ヌスビトハギ
ヌスビトハギ葉
ヌスビトハギの葉裏の脈
ヌスビトハギの果実表面の毛
 茎はよく分枝し、葉が茎全体に分散してつく。葉は互生し、3出複葉。小葉は卵形、先が尖り、基部は広い楔形。小葉は中央より基部に近い側で最も幅が広い。葉脈は葉の縁まで届く。花は淡紅色、長さ3~4㎜と小さく、細長い花序にまばらにつく。旗弁は円く、直立し、竜骨弁は小さく、淡色、翼弁は淡紅色で前に突き出す。果実(節果)は小節果が2個で、くびれが深く、熟すと関節で切れ、1個ずつバラバラになって落ちる。果実の表面に先が鉤状に曲がった微細な毛が密にあり、衣服にひっつく。果実の先端には曲がった刺があり、刺にも鉤状の微細な毛がある。種子は長さ4~5㎜、小節果と同形、扁平、豆らしくない。2n=22
 マルバヌスビトハギは葉が丸く、小葉の幅が中央より先で最も広い。
 ヤブハギは葉が茎の1箇所に集中してつく。
 オオバヌスビトハギは葉脈が縁まで届かない。
 帰化種のアレチヌスビトハギは葉の幅が狭く、葉脈が縁まで届かず、花が大きく、小節果は2~6個で、小節果のくびれが浅い。
[花期] 7~9月
[草丈] 60~120㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 道端、草地、林縁などに普通
[分布] 在来種  日本全土、朝鮮、中国、ロシア、インド、ブータン、ネパール、インドネシア、ラオス、ミャンマー、ベトナム
[撮影] 蒲郡市形原町  01.8.31
TOP Back