アレチヌスビトハギ  荒れ地盗人萩
[英名] panicledleaf ticktrefoil , panicled tick trefoil , narrow-leaf tick-trefoil , panicled tickclover , panicles tick trefoil
[学名] Desmodium paniculatum (L.) DC.
マメ科 Fabaceae  ヌスビトハギ属
三河の植物観察
アレチヌスビトハギの花
アレチヌスビトハギの花後青くなる
アレチヌスビトハギの小節果5
アレチヌスビトハギの小節果4
アレチヌスビトハギの小節果2
アレチヌスビトハギの豆果
アレチヌスビトハギの葉
アレチヌスビトハギ
アレチヌスビトハギ葉脈
アレチヌスビトハギ果実の毛
 道端に普通に見られる。葉は3小葉、小葉の長さは5~8㎝、幅1~4㎝の狭卵形、先が細長く尖り、両面に毛が生え、葉脈が縁まで届かない。花は長さ6~9㎜の蝶形花で、旗弁の基部に黄色の点紋が2個つく。花はしぼんでくると青色に変わる。豆果は節果で、小節果は2~6個、小節果のくびれが浅い。小節果には曲がった毛があり、マジックテープのように衣服にくっつく。
 ヌスビトハギは小葉の幅がやや広く、葉脈が縁まで届き、小節果は2個で、小節果のくびれが深い。
[花期] 7~9月
[草丈] 50~100㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 道端、荒地
[分布] 帰化種  北アメリカ原産
[撮影] 蒲郡市 09.9.19
TOP Back