ヌカススキ  糠薄
[中国名] 银须草 yin xu cao
[英名] silver hairgrass
[学名] Aira caryophyllea L.
イネ科 Poaceae  ヌカススキ属
三河の植物観察
ヌカススキの初期の花序
ヌカススキの花序拡大
ヌカススキの苞頴を開いた小穂
ヌカススキの熟した小穂
ヌカススキの苞頴
ヌカススキ
ヌカススキ基部
ヌカススキ未熟な小穂
ヌカススキ小花
ヌカススキの茎
ヌカススキの葉
 南北アメリカやオーストラリアなどへも帰化している。
 和名の由来は花序が白くて細かく、糠のように見えることから。茎は細く、基部で分枝して叢生し、直立する。小穂が稔って白くなってくると上部の茎も次第に赤色が強くなる。節は赤褐色。葉は細く、上向きに二つ折れし、乾くと丸くなる。茎の先で2~3個の又に何度も細かく多数、分岐し、枝先に小穂をつけ、円錐花序となる。小穂の柄の長さは小穂の長さの1~2倍程度。小穂は長さ約3㎜、2小花からなり、始め緑色で、灰色を帯びてくる。苞頴はほぼ同形、同大、灰褐色(初期には緑色)の背部分を除き白色、先は鋭頭、稀に鈍頭も混じる。小花2個は同長、1本ずつ長い芒があり、小穂から2本の芒が突き出る。護頴は背の中間から芒を出し、先が2裂し、基部に白色の毛があり、頭部付近にも短毛が散生する。小穂が熟すと、頴果とそれを包む護頴と内頴が褐色になり、苞頴を残して落ちる。頴果は長さ1~1.5㎜、幅約0.5㎜。2n=14,28。
 類似のハナヌカススキはヌカススキとよく似て、同じような場所に生える。小穂の柄の長さが長く、小穂に2個の小花があるが、1個の小花には芒がなく、芒は1本だけ。芒のある小花はヌカススキと差が無い。
[花期] 5~10月
[草丈] 10~40㎝
[生活型] 1年草
[生育場所] 乾燥した荒地、草地
[分布] 帰化種  ヨーロッパ、北アフリカ、西アジア原産
[撮影] 吉良町 07.5.19
TOP Back