ノササゲ  野ささげ
[別名] キツネササゲ
[中国名] 山黑豆 shan hei dou
[学名] Dumasia truncata Sieb. et Zucc.
マメ科 Fabaceae  ノササゲ属
三河の植物観察
ノササゲの葉
ノササゲの花
ノササゲの花横
ノササゲの萼の基部の苞
ノササゲの果実
ノササゲ葉
ノササゲ
ノササゲ萼
ノササゲ種子
ノササゲ葉
ノササゲ小托葉
 巻き付きとよじ登りの蔓草本。茎は細く、長さ1~3m、普通無毛。葉は3小葉の複葉。托葉と小托葉があり、托葉は長さ2~4㎜、線状披針形、3脈がある。小托葉は長さ約1㎜、剛毛状。葉柄は細く、長さ3~7㎝、小葉柄 (小托葉から先) は長さ2~3㎜。小葉は膜質、長さ3~6(15)㎝、幅2~3.5(6)㎝の先が細くなった三角状長卵形、両面は普通、無毛又は葉裏にまばらに粗毛があり、基部は切形~円形、先は円形、ときに先端が凹頭。側小葉は頂小葉よりわずかに小さく、基部はやや斜形。総状花序は腋生、細く、長さ1~4㎝、普通無毛。小花柄は長さ1~3㎜。苞や小苞は小さい。花は長さ1.2~2㎝、下向きに垂れ下がる。萼は無毛、長さ約6㎜、先端が斜めに切り取ったような形で、萼歯は不明瞭。萼の基部に小苞が2個ある。花冠は黄色~淡黄色、旗弁は楕円形~やや倒卵形、翼弁や竜骨弁はほぼ楕円形、わずかに曲がり、旗弁よりわずかに短い。子房は線状倒披針形、無毛。胚珠は3~5個。豆果は無毛、長さ2~5㎝、幅約9㎜、数珠状にくびれ、普通、2~5個の種子を入れ、熟すと紫色になり、裂開する。種子は直径4~6㎜の球形、粉白を帯びた青~黒紫色、果皮についたままで、はじき飛ばない。
 タンキリマメトキリマメも黄色花であるが、小葉の幅が広く、葉裏に腺点がある。
[花期] 8~9月
[草丈] つる性(長さ1~3m)
[生活型] 多年草
[生育場所] 山地の林縁
[分布] 在来種  本州、四国、九州、朝鮮、中国
[撮影] 幸田町  06.9.23
TOP Back