ノリクラアザミ  乗鞍薊
[別名] ウラジロアザミ、ユキアザミ、マルバノリクラアザミ
[学名] Cirsium norikurense Nakai
キク科 Asteraceae アザミ属
三河の植物観察
ノリクラアザミの花
ノリクラアザミ花前
ノリクラアザミ総苞
ノリクラアザミ総苞2
ノリクラアザミ茎
ノリクラアザミ
ノリクラアザミ葉表
ノリクラアザミ葉裏
ノリクラアザミ葉刺
ノリクラアザミ葉裏の白毛
 乗鞍周辺に多い。茎に刺はなく、全体に刺が少ない。葉は大きいもので長さ25~30㎝の長楕円状披針形、葉の切れ込みがほとんどなく、あっても浅裂、鋸歯縁であることが多い。葉の基部は茎を抱かない。葉裏に白毛が密生し、雪白色、葉の裏が見えると白く目立つ。頭花は直径約3㎝の淡紅紫色、枝先に横向きに点頭する。総苞は鐘状球形、くも毛があり、総苞片は5~6列、長く、反り返る。
 葉に切れ込みがないものを変種 var. integrifolium に分類することもあるが、現在は分類しないのが普通となっている。
 ナンブアザミは葉裏の白毛がなく、花がやや小さく、総苞片がやや短い。
[花期] 8~9月
[草丈] 100~150㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 深山
[分布] 在来種(日本固有種) 本州(中部地方)
[撮影] 乗鞍高原 11.8.24
TOP Back