ニリンソウ  ニ輪草
[中国名] 鹅掌草 e zhang cao
[学名] Anemone flaccida F. Schmidt.
キンポウゲ科 Ranunculaceae  イチリンソウ属
三河の植物観察
ニリンソウの花
ニリンソウの花
ニリンソウの葉
ニリンソウ
 和名の由来は花が2個ずつつくことが多いことから。茎葉は3個輪生し、小葉が羽状に深裂する。3個がそろって丸い葉のように見え、葉の表面に白い斑紋が見える。花は直径約2㎝、1~3個つく。花弁に見えるのは萼片。萼片は、長さ7~10㎜白色、長楕円形で、5~6個つく。2n=14
 同じ花期のイチリンソウは、葉の裂片の幅が狭く、花が1個ずつつき、大きくて目立つ。
[花期] 4~5月
[草丈] 15~25㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山麓の林縁、林内
[分布] 在来種 北海道、本州、四国、九州、中国、ロシア
[撮影] 旭町  04.4.18
TOP Back