ナガエミクリ  長柄実栗
[学名] Sparganium japonica Rothert
ガマ科  Typhaceae  ミクリ属
三河の植物観察
ナガエミクリの花
ナガエミクリの実
ナガエミクリの葉
ナガエミクリ
ナガエミクリの葉の断面
 ミクリ科(Sparganiaceae)とされることもあった。
 浅い水中に生える。根茎が地中を這って広がり群生する。葉は肉質で水中では横になり、流れに漂う。抽水葉(水上に出る葉)は裏面に稜があり、断面は三角形。雌雄同株。茎の上部に雄性の頭状花序を5~10個つける。その下部に雌性の球形の頭状花序を2~6個つけ、最下部の1~3個には柄がつく。最下部のものは柄が主軸と合着しない。果実は紡錘形で、短い柄がつく。全国では準絶滅危惧種に指定されている。愛知県ではランク外。
 類似のヤマトミクリは雌性花序の柄が主軸と融合し、紡錘形の果実の中央部がくびれる。
[花期] 6~9月
[草丈] 40~100㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 川、水路、ため池
[分布] 在来種 北海道(南西部)、本州、四国、九州、朝鮮
[撮影] 幸田町   06.9.3
TOP Back