ナガボナツハゼ  長穂夏櫨
[別名] ホナガスノキ、ホナガナツハゼ、ナガエナツハゼ
[学名] Vaccinium sieboldii Miq.
Vaccinium longeracemosum Franch. et Sav.
ツツジ科 Ericaceae  スノキ属
三河の植物観察
ナガボナツハゼの花
ナガボナツハゼの花2
ナガボナツハゼの花冠の中
ナガボナツハゼの苞と花柄
ナガボナツハゼ
ナガボナツハゼの花序
ナガボナツハゼ葉表
ナガボナツハゼ葉裏
 ナガボナツハゼ Vaccinium sieboldii は愛知県の絶滅危惧ⅠA類に指定されている。腺毛のあるナツハゼとは違い、腺毛が無く、花序もやや長く、花が帯白色。果実も異なり、粉白を帯びる。
 樹皮は灰白色~紫黒色、よく分枝する。葉柄は長さ1~2㎜。葉は互生し、葉身は長さ3~7㎝、幅2~4㎝の楕円形~卵状楕円形、全縁、質がやや硬く、網状脈が目立ち、主脈上に短毛が散生する他は無毛。総状花序は長さ5~10㎝、下向きに多数の花(写真のもの20~26個程度)をつける。花序軸は短毛が散生する。花柄や苞は無毛、上部の花ほど苞が小さい。花冠は長さ約5㎜の鐘形、先が浅く5裂して反曲し、白色~帯白色(赤色の汚れがある)。萼は先が浅く5裂して、裂片は三角形、無毛。果実は球形の液果、直径5~6㎜、黒色~藍色に熟し、粉白を帯び、頭部に残る萼の痕は小さい。
 ナツハゼ Vaccinium oldhamii は日本、朝鮮、中国に分布する。幹は灰褐色、樹皮は縦に裂け、薄片になって剥がれる。若枝、花柄、萼などに腺毛がある。葉柄は長さ1~3㎜、有毛、腺毛が混じる。葉身は長さ2.5~8㎝、幅1.2~4.5㎝の卵形~惰円形~長楕円形、全縁、縁など全体に剛毛があり、ときに腺毛が混じる。葉表は剛毛があるか、ほぼ無毛。側脈は(5)7~8対、脈は裏側へ突出する。 総状花序は長さ3~6㎝、(1)9~17個の花がつき、有毛、腺毛が混じる。苞は長さ2.5~7㎜、卵状被針形~線形、下部の苞は葉状、縁に剛毛がある。花柄は長さ約1.5㎜、腺毛がある。花冠は長さ3~5㎜、鐘形、帯紅紫色(筋状に紅色を帯びる淡緑黄色~濃紅色)、無毛、先が5裂し、裂片は長さ約0.5㎜。雄しべ10個。花糸は長さ約1.5㎜、へら形、上部に軟毛がある。葯は長さ約1.7㎜。萼には腺毛がある。果実は液果、直径(6)7~10㎜のほぼ球形、偽10室、熟すと暗紫色~黒色、光沢があり、頭部に残る萼の痕は大きい。
 アラゲナツハゼ Vaccinium ciliatum は日本固有種、本州(近畿以西)の日本海側、九州北部に分布する。花序は長さ4~8㎝、花冠は白色、鐘形、5~6月に咲く。花序の軸や花柄には粗毛がやや密にあるが、腺毛はない。葉身は広楕円形、葉表は脈上に曲がった短毛があり、葉裏の全面に斜上する粗毛がやや密に生える。果実は直径約7㎜の球形、藍色に熟し、白粉を帯び、萼の痕は小さい
[花期] 5月
[果期] 8~10月
[樹高] 0.3~1.5m
[生活型] 落葉低木
[生育場所] 山地
[分布] 在来種(日本固有種)  本州(静岡県西部、愛知県東部)
[撮影] 豊橋市     15.5.11
TOP Back