モッコク  木斛
[別名] イイク、アカミノキ
[中国名]

厚皮香 hou pi xiang

[学名] Ternstroemia gymnanthera (Wight et Arn.) Bedd.
モッコク科 Pentaphylacaceae  モッコク属
三河の植物観察
モッコクの花
モッコクの花横
モッコクの萼片
モッコクの果実
モッコクの種子
モッコクの種子
モッコクの幹
モッコク
モッコク果期
モッコク種子
モッコク葉表
モッコク葉裏
 ツバキ科 Theaceae からモッコク科 Pentaphylacaceae に分離された。若葉は赤色を帯び、美しく、よく庭木に使われている。
 樹皮は暗灰色~黒灰色、平滑、ゴマ状の小さい皮目がある。葉は互生し、枝先に集まってつき、長さ4~6㎝、幅1.5~2.5㎝の楕円状卵形~狭倒卵形、無毛、光沢があって厚い革質、全縁、先は鈍頭、基部は楔形。葉柄は長さ3~6㎜、赤色を帯びる。両性花又は雄花だけの雄株。葉腋に直径約2㎝の花を下向きに単生する。花弁は5個、白色、長さ8~10㎜の狭長楕円形、平開する。雄花は雄しべ多数が3列につき、雌しべは退化。両性花は雄しべが1列につき、雌しべ1個。萼片は5個。花柄は長さ1~2㎝。蒴果は直径1~1.5㎝の球形、赤色になり、熟すと肉質の果皮が不規則に裂開する。種子は長さ約7㎜の倒卵形、橙赤色、仮種皮はない。
 カナメモチもよく庭木として使われ、若葉が赤くなる。葉が大きく、細かい鋸歯がある。花は複散房花序に多数つく。
[花期] 6~7月
[樹高] 10~15m
[生活型] 常緑低木
[生育場所] 海岸付近のやや乾いた場所
[分布] 在来種  本州(関東地方南部以西)、四国、九州、沖縄、朝鮮、中国、台湾、インド、ネパール、スリランカ、ブータン、カンボジア、ラオス、ミャンマー、タイ、フィリピン、ベトナム
[撮影] 豊川市    13.7.11
TOP Back