ミズタマソウ  水玉草
[中国名] 南方露珠草 nan fang lu zhu cao
[学名] Circaea mollis Sieb. et Zucc.
アカバナ科 Onagraceae  ミズタマソウ属
三河の植物観察
ミズタマソウの花序
ミズタマソウの無毛の蕾
ミズタマソウの開花初期
ミズタマソウの花弁
ミズタマソウの花柄の腺毛
ミズタマソウの花柄の腺毛
ミズタマソウの開出した萼片
ミズタマソウの果実
ミズタマソウの熟した果実
ミズタマソウ
ミズタマソウの熟した果実
ミズタマソウ葉表
ミズタマソウ葉裏
ミズタマソウ葉の基部が浅い心形
 和名は小さな丸い果実に白色の毛がつき、水玉のように見えることから。
 地下に匐枝を伸ばし広がる。茎は直立し、短い屈毛があり、節が赤色を帯びることが多い。葉は対生し、長さ3~16㎝、幅2~5.5㎝の卵状長楕円形、先は尖り、基部は円形、縁に浅い鋸歯があり、長い葉柄がつく。ときに葉の基部が浅い心形になることがある。茎頂や葉腋の総状花序に小さな花をつける。花弁は白色、2個、長さ0.7~1.8㎜、幅1~2.6㎜、先が2裂し、1/4~1/2まで切れ込む。萼片は緑色、無毛、2個つき、長さ1.6~2.9㎜、幅1~1.5㎜、 花弁より大きい。雄しべ2個。柱頭は2裂。花柄の毛はまばらで、少ない。果実は2室、長さ2.6~3.5㎜(柄を含めて5~7㎜)、幅2~3.2㎜のやや扁平な球形の堅果、4本の縦溝があり、かぎ状毛が密生し、種子は2個入り、裂開しない。果柄は長さ5~7㎜。2n=22
 よく似たウシタキソウは全体に毛が多く、葉幅がやや広く、基部が心形。萼に毛が密生し、蕾の毛が目立つ。果実の縦溝が不明瞭。
 タニタデは茎が無毛で赤味を帯び、葉も無毛。水玉も赤味を帯びる。花弁の切れ込みが浅い。果実が細長く、果柄が長い。
[花期] 8~9月
[草丈] 25~60(150)㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山地の林内
[分布] 在来種 北海道、本州、四国、九州、朝鮮、中国、東南アジア、インド、ロシア
[撮影] 豊田市   12.9.6
  [果実]  12.10.24
TOP Back