ミチヤナギ  道柳
[別名] ニワヤナギ 庭柳
[中国名]

萹蓄 bian xu

[英名] common knotgrass, prostrate knotweed
[学名] Polygonum aviculare L.
タデ科 Polygonaceae  ミチヤナギ属
三河の植物観察
ミチヤナギの花序
ミチヤナギの花
ミチヤナギの花
ミチヤナギの花被に包まれた果実
ミチヤナギ
ミチヤナギ葉表
ミチヤナギ葉裏
ミチヤナギ果実
 茎は緑色、硬く、よく分枝し、這い又は斜上する。葉は互生し、長さ12~35㎜、幅3~12㎜の線状長楕円形、やや鈍頭、上部の葉はやや小さい。葉の基部には膜質の托葉鞘があり、2深裂する。花は直径約4㎜、葉腋に束生し、花被は5個まれに6個に中裂する。花被片の内面は白色、中心部が緑色。外面は縁の淡紅色を除いてほぼ緑色、蕾の縁は淡紅色。雄しべ6~8個、雌しべ1個。痩果は花被から突き出ず、花披に包まれて大きくなり、褐色になった花被に包まれたまま、完熟して落ちる。痩果は長さ2.5~3㎜、黒褐色3稜形、光沢はない。痩果の断面は1面の幅が狭いことも多い。2n=60
 オオミチヤナギは全体が大きい変種で、茎の上部につく葉もほとんど小さくならず、痩果は長さ3~3.5㎜。
 秋だけに咲き、海岸に多いアキノミチヤナギは葉が鋭頭、托葉鞘が赤色を帯びる。痩果は長さ3~4㎜、淡色で花被から突き出るもの(大形)と濃色で突き出ないもの(小形)とが混在する。
 ハイミチヤナギ Polygonum arenastrum は葉が長さ20㎜以下と小さく、葉の幅が狭い。また痩果は1面が狭くてやや凹んだ3稜形。ミチヤナギも茎が這い、節間が短く、葉が小さいことも多い。
[花期] 5~10月
[草丈] 10~40㎝
[生活型] 1年草
[生育場所] 畑地、荒地、道端
[分布] 在来種 日本全土、ユーラシア
[撮影] 幸田町 09.5.15
TOP Back