ミカワシオガマ  三河塩竈
[学名] Pedicularis resupinata L.var.microphylla Honda
Pedicularis resupinata L. subsp. oppositifolia (Miq.) T.Yamaz. var. microphylla Honda
ハマウツボ科 Orobanchaceae  シオガマギク属
ミカワシオガマの花序
ミカワシオガマの花序上から
ミカワシオガマの花序
ミカワシオガマ
ミカワシオガマ群生
ミカワシオガマ花
 シオガマギクの変種で三河地方を中心に分布する。草地でなく、湿地に生える。葉は小さく、長さ1~2㎝、幅4~7㎜、重鋸歯があり、互生する。花冠も小型で、上唇の先は細く尖り、先はほとんど分裂しない。上唇から雌しべが突き出す。科はゴマノハグサ科からハマウツボ科に移動された。
[花期] 9~10月
[草丈] 30~60㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 湿地
[分布] 在来種(日本固有変種) 本州(東海地方)
[撮影] 矢並湿地 03.10.10
TOP Back