ミカワマツムシソウ  三河松虫草
[学名] Scabiosa japonica Miq. var. breviligula Suyama et K. Ueda
スイカズラ科 Caprifoliaceae  マツムシソウ属
三河の植物観察
ミカワマツムシソウ花
ミカワマツムシソウ花
ミカワマツムシソウの花
ミカワマツムシソウの花
ミカワマツムシソウ
ミカワマツムシソウ葉
 マツムシソウ科 Dipsacaceaeはスイカズラ科に含められた。
 東三河地方の蛇紋岩地に多い、マツムシソウの変種。頭花が1~2㎝と小型で舌状花がないか又は3~5個の短い舌状花しかないのが特徴。また、小花の数がマツムシソウの60~100個 に対し15~30個と少ないのも特徴である。東海丘陵要素植物の一つとして考えられている。
[果期] 8~10月
[草丈] 60~90㎝
[生活型] 2年草
[生育場所] 低地・丘陵地
[分布] 在来種(日本固有種)  東海地方 (愛知、岐阜、三重、静岡西部)
[撮影] 新城市  04.9.11
TOP Back