メランポディウム  
[英名] boton de oro , medallion flower, gold medallion flower , butter daisy , million gold
[学名] Melampodium divaricatum (Rich.) DC.
Melampodium paludosum Kunth
キク科 Asteraceae (Compositae)  メランポディウム属
三河の植物観察
メランポディウムの花
メランポディウムの筒状花
メランポディウム花横
メランポディウム総苞
メランポディウム蕾
メランポディウム
メランポディウム葉表
メランポディウム葉裏
 園芸品種であり、cv. Million Gold やcv. Showstarなどがある。よく見られるものは園芸品種の Million Goldである。小形で、花が直径約2㎝、花が多数つき、花期が長く、よく栽培されている。
 Melampodium paludosum は中央アメリカ(コロンビア、パナマ)原産であり、USDAのGRINではMelampodium leucanthumの同義語としている。Melampodium leucanthumは北アメリカ原産で、舌状花が白色。学名が混乱していたと思われる。
 Melampodium divaricatum はかなり大形になり、高さ15~100㎝。葉身は長さ40~150㎜、幅25~95㎜、浅い鋸歯~全縁。小花柄は長さ1~12㎝。総苞は浅い。舌状花は8~13個つき、橙黄色、小舌は長さ3.5~7㎜、幅1.6~3㎜。中心花は40~70個つく。痩果は長さ2.8~4㎜。2n=24。
 ダールベルグデージー Thymophylla tenuiloba も花期が長く、黄色の花を多数つける。葉が細く羽状に深裂し、総苞が長い。
[花期] 4~10月
[草丈] 20~40㎝
[生活型] 1年草
[生育場所] 園芸品種、民家近く
[分布] 帰化種 北アメリカ、メキシコ、南アメリカ(ベリーズ、コスタリカ、エルサルバドル、ガテマラ、ホンジュラス、ニカラグア、パナマ、ブラジル、コロンビア)原産
[撮影] 豊橋市 14.6.21
TOP Back