ダールベルグデージー  
[別名] ディッソディア、ティモフィラ
[英名] Dahlberg daisy , golden fleece , bristleleaf pricklyleaf
[学名] Thymophylla tenuiloba (DC.) Small
Dyssodia tenuiloba (DC.) B.L. Rob.
キク科 Asteraceae (Compositae)  ティモフィラ属
三河の植物観察
ダールベルグデージーの花
ダールベルグデージーの蕾
ダールベルグデージー総苞
ダールベルグデージー冠毛
ダールベルグデージー葉
ダールベルグデージー
ダールベルグデージー2
ダールベルグデージー痩果
 園芸品種がよく植えられるようになり、逸出が見られる。年々、増加している。テキサス州、メキシコ原産であり、暑さや乾きに強い。
 葉は細く羽状に深裂する。黄色の直径約15㎜の頭花を長い枝先につける。周囲の舌状花は8~13個程度、中央の筒状花は多数。痩果は長さ3~4㎜の細いくぎのような形、黒色、有毛。冠毛は下半部に幅があり、褐色を帯びる。
 ゴールデンドーンという園芸品種がある。
[花期] 5~10月
[草丈] 20~40㎝
[生活型] 1年草
[生育場所] 園芸品種、民家近く
[分布] 帰化種 中央アメリカ原産
[撮影] 蒲郡市 12.5.23
TOP Back