メヒシバ  雌日芝
[別名] メシバ
[中国名]

纤毛马唐 xian mao ma tang

[英名] southern crabgrass , common crab grass, tropical finger grass
[学名] Digitaria ciliaris (Retz.) Koeler
Digitaria adscendens (Kunth) Henrard.
イネ科 Poaceae   メヒシバ属
三河の植物観察
メヒシバの小穂と軸の鋸歯
クシゲメヒシバ
メヒシバの果実
メヒシバの葉舌
メヒシバの葉鞘
メヒシバ
メヒシバ小穂
メヒシバ内頴と護頴
 世界に広く分布し、オーストラリアなどに帰化している。
 葉は長さ8~20㎝、幅0.5~1.5㎝の広線形、柔らかい。葉鞘の上端には長い毛が生える。葉舌は長さ2~3㎜。花序は掌状に枝を2~4個、斜上し、大きくなると花序枝が2~3段(花序枝の1段を総という。)になってつく。花序枝は長さ5~15㎝、幅約1㎜で、縁が翼状になり微鋸歯があってざらつく。小穂は長さ約3㎜の披針形で、先が尖る。小穂の縁に長毛が櫛形に生えるものをクシゲメヒシバと変種扱いする説もあるが、分類しないのが一般的である。第1苞頴は長さ約0.5㎜。第2苞頴は長さ約1.8㎜、毛がある。第1小花は長い毛がある護頴だけに退化。第2小花の護頴と内頴は厚く、無毛。果実は長さ約2㎜、乳白色。
 見分けるのが難しい類似種のコメヒシバは、全体が小型で、花序枝の総数が2~4と少なく、花序枝が段にならない。見分ける決め手は花序枝に微鋸歯がなく、ざらつかないことである。
 アキメヒシバは花期が遅く、小穂がコメツブのように丸い。
[花期] 7~11月
[草丈] 30~90㎝
[生活型] 1年草
[生育場所] 道端、空地
[分布] 在来種 北海道、本州、四国、九州、熱帯アジア、アフリカ、南北アメリカ
[撮影] 蒲郡市大塚町 09.7.24
TOP Back