マルバウツギ  丸葉空木
[別名] ツクシウツギ
[学名] Deutzia scabra Thunb.
アジサイ科 Hydrangeaceae  ウツギ属
三河の植物観察
マルバウツギの花序
マルバウツギの花
マルバウツギの雄しべ
マルバウツギの萼
マルバウツギ
マルバウツギ円い葉
マルバウツギ葉2
 和名の由来はウツギよりも葉が丸いことから。
 幹は灰色~灰褐色、樹皮は縦に裂け、剥がれる。葉は対生し、長さ5~12cm。葉脈が裏面に浮き出て、葉面がしわ状になり、星状毛が両面ある。短い葉柄があるが、花序の下の葉は柄がない。花は白色、円錐花序に多数つく。花序枝には星状毛が密生する。5個の花弁は平開するため、花の中心部にオレンジ色の花盤が目立つのが特徴。雄しべは10個、花糸に翼があり、翼の上部はなだらかな肩になり、歯はない。花柱は3本。蒴果は長さ約3㎜、星状毛が多く、萼片と花柱が残存する。。
[花期] 5~7月
[樹高] 1~2m
[生活型] 落葉低木
[生育場所] 林縁、雑木林、崖
[分布] 在来種 北海道、本州、四国、九州
[撮影] 稲武町  02.5.25
TOP Back