マキノスミレ  牧野菫
[別名] ホソバスミレ
[学名] Viola violacea Makino var. makinoi (H. Boiss.) Hiyama ex F. Maekawa
Viola makinoi H.Boissieu
スミレ科 Violaceae  スミレ属
三河の植物観察
マキノスミレの細い距
マキノスミレ花の白色
マキノスミレ花の淡紅色
マキノスミレ花のピンク色
マキノスミレ花の濃いピンク色
マキノスミレ花の青紫色
マキノスミレ花の青紫色2
マキノスミレ果実
マキノスミレ
マキノスミレ2
マキノスミレ距
マキノスミレ葉表
マキノスミレ葉裏紫
マキノスミレ葉裏緑
 シハイスミレの変種で、中間型も存在する。シハイスミレは西日本、マキノスミレは東日本に分布し、三河地方では両者が混在する。葉は光沢があり、シハイスミレより細長く、長さ3~8㎝の披針形、葉が出始めは垂直に立つ。葉の裏面の紫色がうすいものもあり、花後はほとんど淡緑色になる。花は変化が多く、色も花弁の幅も様々である。距は普通、色が濃く細長いが、まれに太短く、白いものもある。側弁基部は無毛。果実には紅色の斑点がある。2n=24
[花期] 3~5月
[草丈] 5~10㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 乾燥した林縁
[分布] 在来種(日本固有変種) 本州(青森県~兵庫県)
[撮影] 昭和の森 07.3.24
TOP Back