マイヅルソウ  舞鶴草
[英名] false lily of the valley, false lily-of-the-valley
[学名] Maianthemum dilatatum (A.W.Wood) A.Nelson et J.F.Macbr.
Maianthemum kamtschaticum (J.F.Gmel. ex Cham.) Nakai
Maianthemum bifolium (L.) F.W. Schmidt ssp. kamtschaticum (J.F. Gmel. ex Cham.) A.E. Murray
Maianthemum bifolium (L.) F.W. Schmidt var. kamtschaticum (J.F. Gmel. ex Cham.) Trautv. et C.A. Mey.
Maianthemum bifolium (L.) F. W. Schmidt var. dilatatum Alph. Wood
キジカクシ科 Asparagaceae  マイヅルソウ属
三河の植物観察
マイヅルソウの花序
マイヅルソウの花
マイヅルソウの果実
マイヅルソウの葉
マイヅルソウ
 キジカクシ科は旧分類のユリ科から分割された。
 根茎は分かれ、横に広がり、群生する。葉は2~3個つき、生育のよいものは長さ6~10㎝、幅5~8㎝の卵形、基部は深い心形。葉質は柔らかく、無毛。葉柄は長さ4~7(10)㎝。花は茎頂の長さ2~8㎝の総状花序に10~40個つく。花被片は4個、白色、長さ2~3.2㎜、幅約1.5㎜の卵形~披針形。雄しべは4個、花被片より短い。子房は2室。液果は直径4~6㎜の球形、種子を1~2個入れ、赤く熟す。種子は長さ2~3㎜、褐色。2n=36
 中国にも舞鶴草(wu he cao )がある。染色体数が2n= 28, 30, 36, 42, 54, 88.であり、Maianthemum bifolium (L.) F.W. Schmidtとされている。
[花期] 5~7月
[草丈] 8~20(35)㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 深山の林内
[分布] 在来種  北海道、本州、四国、九州、朝鮮、カムチャッカ半島、北アメリカ
[撮影] 天狗棚展望台付近 05.5.21  
  果実(志賀高原) 05.8.1
TOP Back