クルマバザクロソウ  車葉柘榴草
[中国名] 种棱粟米草 zhong leng su mi cao
[英名] carpetweed , green carpetweed
[学名] Mollugo verticillata L.
ザクロソウ科 Molluginaceae  ザクロソウ属
三河の植物観察
クルマバザクロソウ花
クルマバザクロソウ果実
クルマバザクロソウ上部の葉
クルマバザクロソウ下部の葉
クルマバザクロソウ枝の基部
クルマバザクロソウ茎
クルマバザクロソウ
クルマバザクロソウ果実
クルマバザクロソウ種子
 江戸時代末期に渡来し、帰化したものである。茎は丸く、基部でよく分枝して斜上する。葉は4~7個が偽輪生(輪生に見える互生)する。葉柄は短いか又は無柄。茎の下部につく葉は幅が広く、根生葉は長さ1.5~2㎝、ロゼット状になる。茎葉は長さ1~3㎝、幅1.5~4(8)㎜の倒披針形~線状倒披針形。花は葉腋に散形状に3~5個つく。小花柄は長さ3~5㎜。花には花弁がなく、花被片は5(まれに4)個つき、長さ2.5~3㎜、3脈があり、縁は膜質、先がやや尖る。雄しべは(2~)3(~5).個。 果実(蒴果)は長さ3~4㎜、幅約2.5㎜の楕円形、熟してくると横しわが見える。種子は長さ約0.5㎜、腎形、赤褐色、光沢がある。2n=64
 在来種のザクロソウの茎には綾があり、葉は2~5個偽輪生し、花が集散花序につく。果実は球形、萼片の脈は1脈。
[花期] 7~10月
[草丈] 10~25㎝
[生活型] 1年草
[生育場所] 道端、畑
[分布] 帰化種  熱帯アメリカ原産
[撮影] 幡豆町  09.10.3
TOP Back