クロタネソウ  黒種子草
[別名] ニゲラ
[英名] love in a mist, devil in the bush
[学名] Nigella damascena L.
キンポウゲ科 Ranunculaceae  クロタネソウ属
三河の植物観察
クロタネソウの花
クロタネソウの花2
クロタネソウの果実
クロタネソウの完熟した果実
クロタネソウの茎
クロタネソウ
クロタネソウ葉
クロタネソウ種子
 江戸時代に渡来したとされている。数本が道端にあり、近くに栽培されているものがあった。種がスパイスになる。
 茎は直立し、よく分枝する。葉は細裂し、裂片は細い糸状になる。花は枝先に点頭し、直径3~5㎝。花色は白色、青色、淡紅色など。花弁は退化し、萼片5~10個が花弁のように見える。総苞片は分裂して、糸状に細い。果実は風船のように膨らみ、長さ約2.5㎝、熟すと裂開し、上部に穴が開く。種子は長さ約2㎜、黒色、表面にしわがある。2n = 12
[花期] 5~7月
[草丈] 40~60㎝
[生活型] 1年草
[生育場所] 道端
[分布] 帰化種  ヨーロッパ南部、北アフリカ、西南アジア原産
[撮影] 蒲郡市 12.6.13
TOP Back