コチャルメルソウ  小哨吶草
[学名] Mitella pauciflora Rosend.
ユキノシタ科 Saxifragaceae  チャルメルソウ属
三河の植物観察
コチャルメルソウの花序
コチャルメルソウの花
コチャルメルソウの花2
コチャルメルソウ
コチャルメルソウ葉
 根茎は地中を横に這う。花後に地中に走出枝を出して増える。葉は互生、根生し、葉柄は長さ2~15㎝、腺毛が散生する。葉身は長さ2~5㎝、幅2.5~6㎝の広卵形~卵円形、5浅裂し、縁に不規則な鋸歯があり、基部は心形、先は鋭形~鈍形、葉の両面に開出毛と腺毛がある。長さ10~30㎝の花茎を立て、まばらに小さな花を2~10個程度つける。花は萼筒の先が皿状、萼片は三角形。花弁は普通5個、紅紫色~淡黄緑色、長さ約4㎜、7~9裂し、裂片が披針形、3~4対あり、櫛状に見える。雄しべ5個。花柱2個。蒴果は熟すと2裂し、椀状になり、種子が見える。種子は長さ約1.2㎜の卵状楕円形、暗緑色、黒紫色の細点があり、微細な縦の隆起線がある。2n=28
 類似のミカワチャルメルソウはやや大形で、花弁が7~11裂する。
[花期] 4~6月
[草丈] 10~30㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 陰湿地
[分布] 在来種(日本固有種) 本州、四国、九州
[撮影] 茶臼山  05.5.29
TOP Back