ミカワチャルメルソウ  三河哨吶草
[学名] Mitella furusei Ohwi var. furusei
ユキノシタ科 Saxifragaceae  チャルメルソウ属
ミカワチャルメルソウの花
ミカワチャルメルソウの花
ミカワチャルメルソウの花
ミカワチャルメルソウの葉拡大
ミカワチャルメルソウ
ミカワチャルメルソウの葉
ミカワチャルメルソウの茎
 葉はチャルメルソウと同じ広卵形で、基部は心形。茎の根元には白い長毛が生える。長い花茎を立て、まばらに小さな花を6~15個程度つける。櫛状に見えるのが花弁で、7~9(11)裂する。花色は緑色~紅紫色。2n=14
 チャルメルソウ var. subramosa は花弁が3~5裂。
 コチャルメルソウ Mitella pauciflora は花弁が(5)7~9裂。
[花期] 4~5月
[草丈] 30~50㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 陰湿地
[分布] 本州(日本固有種)本州(愛知県、岐阜県)
[撮影] 豊田市(足助町) 06.4.16
TOP Back