コシロネ  小白根
[別名] イヌシロネ
[中国名] 小叶地笋 xiao ye di sun
[学名] Lycopus ramosissimus (Makino) Makino var. japonicus (Matsum. et Kudo ex Kudo) Kitam.
Lycopus cavaleriei H.Lev.
シソ科 Lamiaceae (Labiatae)  シロネ属
三河の植物観察
コシロネ花
コシロネ花
コシロネ花
コシロネ花
コシロネ果実
コシロネ葉裏の腺点
コシロネ茎
コシロネ
コシロネの葉表
コシロネの葉裏
コシロネの分果
 地下茎が匍匐し、広がる。茎は直立し、あまり分枝しない。葉は対生し、長さ2~4㎝、幅1~2㎝の広披針形~卵形、縁に粗い鋸歯があり、基部が明瞭に楔形となる。葉裏には腺点がある。花は白色、長さ約3㎜、直径約5㎜、唇形。一番上の花の写真のように筒形に見えることもある。雄しべ2個。萼は5裂し、裂片は狭三角形、先が尖り、腺点が多い。果実は4分果。分果は長さ約1.5㎜、周囲に翼がある。2n=22
 類似のヒメシロネは葉が細く、葉の基部が楔形とならない。シロネは大型、茎が直径3㎜以上と太く、葉の幅が15㎜以上ある。
[花期] 8~10月
[草丈] 15~60㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 湿地
[分布] 在来種 北海道、本州、四国、九州、朝鮮、中国
[撮影] 新城市 09.10.1
TOP Back