コナギ  小菜葱
[中国名] 鸭舌草 ya she cao
[学名] Monochoria vaginalis (Burm.f.) C.Presl ex Kunth
Monochoria vaginalis (Burm.) J.Presl var. plantaginea (Roxb.) Solms-Laub.
ミズアオイ科 Pontederiaceae  ミズアオイ属
三河の植物観察
コナギの花
コナギの花
コナギの葉
コナギ
コナギ2
 水田の雑草として普通に見られ、古い時代に渡来したものと考えられている。ナギはミズアオイの古名で、昔は食用にしたようである。
 葉柄は長さ5~30㎝。葉は長さ2~21㎝、幅0.8~10㎝。花序は葉より低く、花が3~8個つく。花は直径約2㎝、花被片は6個、青紫色、長さ0.8~1.5㎝。果実は長さ0.7~1㎝。
 類似種のミズアオイはほとんど見られなくなっている。
[花期] 8~10月
[草丈] 10~40㎝
[生活型] 1年草
[生育場所] 水田、沼
[分布] 在来種  本州、四国、九州、沖縄、朝鮮、中国、ロシア、インド、ブータン、ネパール、パキスタン、スリランカ、インドネシア、カンボジア、ラオス、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、タイ、ベトナム、アフリカ、オーストラリア
[撮影] 幸田町 01.10.4
TOP Back